大きなインパクトを、看板がお店に貢献をする宣伝効果とは

より信頼のある製品へ

ブランドが人の心を打つのです。

ブランディングを大切にする時代になってきています。その理由は、如何に世の中に出回っているものに偽造品とか言われるものが大変多いからです。自力で作り上げたものや製品は、信頼に値するだけのクオリティが成されていることが多く、かつ人と同じで時間をかけた年期(つまり考えを巡らし、試行を繰り返した結果から真を見つけ出したもの)が人の心に共感を呼び起こす瞬間を作り出すからに他ならないからです。ブランディングを重視して最初から人の心に響くものを作り出した製品(例えばPCとかも)は、例え故障しても修理してでも使い続けたい思いがユーザーに生まれるものです。心を捉えた製品は、使う側で本物を本物として発揮します。だからこそ買って損をした気分など一度も起きないのです。

ブランド物の価格は、信頼の増加で変わります。

ブランディングされたブランド物の価格は、他製品の値段と比べて2割や3割ぐらい高くなっていても、人が欲する心を捉えてしまうものです。それは、製品との信頼関係が生まれているからこそ決定決断に必要な材料に値段はないのです。それより心心地よい瞬間瞬間を共感できる時間があるだけで値段等吹っ飛んでしまう感覚を持ってしまうからなのです。それだけ人に幸せ感を持たせられるものは、競合等存在することなく、いくら機能面で他製品のほうが上であったとしてもこれも関係なく感じてしまうのです。ブランディング効果は、製品の持つ性質とか擬人的には、個性そのものとも言える範囲に入ってきます。好きな異性が美男美女でなくても好きに変わりがないのと同じことです。

↑ PAGE TOP